このマークのある情報は会員限定です。閲覧するには会員ログインしてください。

平成17年度動向調査 > 建築に関わる少子高齢化対応技術動向調査報告書

建築研究開発コンソーシアムの平成17年度の動向調査は、現在の社会的なトレンドを踏まえ「少子高齢化社会」をキーワードとした建築分野の技術動向調査を行った。
 本調査では、「人口動態→政策→建築界への要請」という展開で全体をまとめ、「少子高齢化」のキーワードに最も関連すると考えられる技術動向として「計画・設計技術」、「施工技術」及び「それらの関連技術」を取り上げ、現状を把握し、今後の提案を行なっている。
 本資は、その表紙、序、目次である。

建築に関わる少子高齢化対応技術動向調査報告書/全文(PDF) 2008/01/21 会員限定情報 

建築研究開発コンソーシアム  

建築研究開発コンソーシアムの平成17年度の動向調査は、現在の社会的なトレンドを踏まえ「少子高齢化社会」をキーワードとした建築分野の技術動向調査を行った。
 本調査では、「人口動態→政策→建築界への要請」という展開で全体をまとめ、「少子高齢化」のキーワードに最も関連すると考えられる技術動向として「計画・設計技術」、「施工技術」及び「それらの関連技術」を取り上げ、現状を把握し、今後の提案を行なっている。

トップページへ