このマークのある情報は会員限定です。閲覧するには会員ログインしてください。

平成16年度動向調査 > 建築・住宅の将来像に関する社会・技術開発動向調査報告書

建築研究開発コンソーシアム/研究開発推進委員会  

建築研究開発コンソーシアムの平成16年度の動向調査は以下の3テーマの技術動向調査を行った。
@市街地における自然災害対策技術(略称「自然災害技術」)
A居住環境構築技術(略称「居住環境技術」)
B建築物の改善・改修技術(略称「改善・改修技術」)
 「自然災害技術」は、地震、津波、強風、豪雨、豪雪、雷、火山噴火を取り上げた。
 「居住環境技術」は、建築・環境分野のほか、交通工学や生理人類学などの分野も取り上げた。
 「改善・改修技術」では、サステナブル型社会への移行に伴ってメンテナンスの充実による長寿命化が求められている中で、新しい機能・空間を創出させる再生技術を提案した。

建築・住宅の将来像に関する社会・技術開発動向調査報告書/付録1ワークショップ(1)(PDF) 2007/12/17 会員限定情報 

建築研究開発コンソーシアム  

建築研究開発コンソーシアムの平成16年度技術動向調査報告書には付録1として調査過程で行われたワークショップ資料が添付されている。本資は、その一部で、「自然災害技術」に関して行われたワークショップ(鹿島建設/武村雅之氏,東京工芸大学/田村幸雄教授,エヌ・ティ・ティ ファシリティーズ/佐藤秀隆氏,防衛大学/藤間功司教授,あいおい損害保険/清水恵一氏)資料である。

建築・住宅の将来像に関する社会・技術開発動向調査報告書/付録1ワークショップ(2)(PDF) 2007/12/17 会員限定情報 

建築研究開発コンソーシアム  

建築研究開発コンソーシアムの平成16年度技術動向調査報告書には付録1として調査過程で行われたワークショップ資料が添付されている。本資は、その一部で、「居住環境技術」に関して行われたワークショップ(建築研究所/山海敏弘上席研究員,武蔵野工業大学/宿谷昌則教授,鉄道総合研究所/鈴木浩明研究室長,千葉大学/川瀬貴晴教授,武蔵野大学/橋本修左教授,旭化成ホームズ/松崎昭夫部長,旭化成ホームズ/山岸秀之課長,三建設備工業/岡崎俊春取締役技術本部長)資料である。

建築・住宅の将来像に関する社会・技術開発動向調査報告書/付録1ワークショップ(3)(PDF) 2007/12/17 会員限定情報 

建築研究開発コンソーシアム  

建築研究開発コンソーシアムの平成16年度技術動向調査報告書には付録1として調査過程で行われたワークショップ資料が添付されている。本資は、その一部で、「改善・改修技術」に関して行われたワークショップ(建築研究所/藤本秀一主任研究員,大成建設/塩谷尚斉シニア・アーキテクト,青木茂建築工房/青木茂代表取締役)資料である。

建築・住宅の将来像に関する社会・技術開発動向調査報告書/付録2関連資料(PDF) 2007/12/17 会員限定情報 

建築研究開発コンソーシアム  

建築研究開発コンソーシアムの平成16年度技術動向調査報告書の付録2で、調査過程で参照した資料がテーマ(自然災害技術,居住環境技術,改善・改修技術)ごとに分類し示されている。

建築・住宅の将来像に関する社会・技術開発動向調査報告書/本文(PDF) 2007/10/29 会員限定情報 

建築研究開発コンソーシアム/研究開発推進委員会  

建築研究開発コンソーシアムの平成16年度の動向調査は以下の3テーマの技術動向調査を行った。
@市街地における自然災害対策技術(略称「自然災害技術」)
A居住環境構築技術(略称「居住環境技術」)
B建築物の改善・改修技術(略称「改善・改修技術」)
 「自然災害技術」は、地震、津波、強風、豪雨、豪雪、雷、火山噴火を取り上げた。
 「居住環境技術」は、建築・環境分野のほか、交通工学や生理人類学などの分野も取り上げた。
 「改善・改修技術」では、サステナブル型社会への移行に伴ってメンテナンスの充実による長寿命化が求められている中で、新しい機能・空間を創出させる再生技術を提案した。

トップページへ