募集中のイベント過去のイベント
イベント一覧<<戻る
 状況
「E-ディフェンス公開実験のお知らせー災害拠点建物の災害時機能継続性を検証する」 詳細情報
募集中
[主催] 国立研究開発法人防災科学技術研究所
[募集数] 100名
[場所・日時] ■公開実験受付日: 2019年12月4日(水)
       受付:13時開始~13時30分終了
       実験:14時開始~14時30分終了予定
■定員:100名(先着順)
■申込方法
見学を希望される方は、見学申込フォームをメール本文に貼り付けて必要事項を記入し、次の申込先までEメールにてお申し込み下さい。メール1件につき、最大5名様までお申し込み頂けます。
申込受付ができましたら、メールにて参加証をお送り致します。
見学申込フォーム(http://www.bosai.go.jp/hyogo/news/experiment/experiment_form.html)
Eメールタイトル:12月4日見学申込

■申込方法についてのお問合せ先:
兵庫耐震工学研究センター 研究推進室 (0794)85-8211

■申込先
メールアドレス: ekokai@bosai.go.jp
国立研究開発法人防災科学技術研究所
兵庫耐震工学研究センター 研究推進室
[備考] ■今回の公開実験では、地震発生後に、市役所など災害対応の拠点となる建物が継続して 使用可能か否かを迅速に判定する手法を確立するため、防災科学技術研究所が所管する 世界最大の「実大三次元震動破壊実験施設(E-ディフェンス)」を活用して、耐震構造 の3階建て鉄筋コンクリート(RC)造建物を対象とする大型振動台実験を実施します。 具体的には、①天井・窓・外壁仕上げタイル・屋上配管などの非構造部材を含む建物の機 能を検証するとともに、構造体及び非構造部材の損傷把握システムの開発に資するデー タを収集・整備するほか、②実験の対象となる建物としては、前述のとおり災害拠点建物 を想定していますが、巨大地震時の損傷の抑制と地震後の機能継続性を達成する新たな 柱・梁部分の施工方法及びその有効性について検証を行います。
[リンク] 見学申込フォーム
実験の概要はコチラ

<<戻る
トップページへ